赤い顔がまた覗いている

 彼はこんな気もちでまた上の方に眼をやった。綱のようなものが一尺ほど井戸の口からさがっていた。(不思議なものが見えて来たぞ、何だろう、何人《だれ》かおるだろうか) 綱のようなものは三尺近くもさがって来た。(たしかに綱じゃ、何人か俺が落ちたことを知って、助けてくれるために、綱を垂れているのだろうか、さがる、さがる、さがって来た) 綱のようなものはもう五六尺もさがって来た。それは藤葛のような大きな葛であった。葛はもう一丈以上も下へさがって来た。(それでは、初めに猿と思った赤い顔は、猿でなしに、このあたりの人であったのか、これで俺は助かった) 大塚は穴の上の方を喜びに満ちた眼で見あげた。赤い顔がまた覗いている。それはさっきの顔であったが、赤い眼鼻の周囲《まわり》に白い毛の生えた大猿の顔であった。(たしかに猿じゃ、人間ではない、では、猿がこんなことをしてくれているだろうか、そう云えば、さっき井戸の上を飛び渡った獣は、どうも猿らしかった、では猿の群が俺のここに落ちたことを知って、助けてくれようとしているのか) 藤葛はもう二丈余りもさがって大塚の頭へ届きそうになって来た。(猿でもかまわん、助けてくれるなら、助けてもらおう、この井戸の中からだしてもらおう) 大塚はおろしてあった銃を肩にかけて藤葛の手比《てごろ》になるのを待っていた。藤葛はしだいしだいにおりて来た。大猿の顔はまだ見えていた。大塚はその藤葛を手にしてその端を帯に差してそれを折り返した。きゃっ、きゃっと云う猿の鳴き声が聞えた。それは井戸の口にいる彼の大猿の叫びであった。大塚は手拭を出して二重になった藤葛を縛りつけそれが済むと両手を藤葛へ持ち添えて、引きあげてくれるのを待っていた。(猿の力で、この身体があがるだろうか)

— posted by id at 09:17 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4159 sec.

http://interblue.jp/