気の弱い女など

「この刀は、すべて触れば斬れる逸物揃い、証拠のために。」 とまた、刀の束から二本とって、刀身をかちかちと打ち合わせて見たかと思うと、「ええいっ!」 と裂くような一声。また一本を上から駕籠へ突き刺した。同時に、「や!」 とまた今度は、駕籠の背後から、中の女の背を突き通すように、柄元まで駕籠へ刺し込む。 群集のある者は、もう眼を掩《おお》っている。 気の弱い女などは前にいたのが、そろそろと背後へ引っ込んで行く。 見る間にその三十本の刀全部が、前後左右と上から、柄まで駕籠へ刺されて、駕籠はまるで、栗のいが[#「いが」に傍点]のよう――。 中の女は、もう眼も当てられない肉塊と化し去ったことだろうが、それにしては、駕籠を通して、血がすこしも流れ出ないのが不思議と、見物は眼を見張っていると。「これでよし。女はずたずたに刺し殺されてしもうた。そこで、お立ち会い! 今わしが、この三十本の刀を引き抜くから、誰でもよい、すぐこの綱を取り払って、駕籠の垂れを上げてほしい。」 そう言いながら大次郎は、駕籠のまわりを歩いて、その三十本の刀を全部抜き取ってしまう。 最後の一本が抜き取られるのを待って、群集の中から飛び出した二、三人が、素早く縛ってある細引きを取り外け、駕籠の垂れを開けると、中から千浪がにっこり笑いながら、駕籠を出て来た。身体はもちろん、着物にも帯にも、いずことして疵一つない。 あまりの妙技に、群集はどっと歓呼の声を揚げる。 宗七もお多喜も、われを忘れて凝視めていた。気の早い江戸っ子の群集なので、大次郎が扇子をひろげて歩き廻ると、ばらばらと鳥目《ちょうもく》が扇子の上へ飛ぶ。

— posted by id at 08:58 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0978 sec.

http://interblue.jp/